違法な利息

テレビCMなどでよく聞く過払い金、そもそも過払い金とは消費者金融などの貸金業者に違法な金利で契約をさせられてその金利で発生していた違法な利息のことです。本来であれば利息制限法でさだめられた利用限度額に応じて15%から20%以下の金利で融資をしなければならないのですが、その金利をはるかに超える金利で借入をしていたとなると利息を払いすぎていることになるのです。過払い金は、長期間にわたって消費者金融と返済や借入の取引を繰り返しており、超過した利息を支払い続けていた結果、法律上はすでに完済をしているにもかかわらず、それでもなお超過利息を支払っていたことにより発生するのです。この支払いすぎていた利息は取り戻すことができるのです。

過払い金は、テレビCMなどでの影響から法律事務所にお願いしないと取り戻せないといった先入観がありますが、個人で請求をしても取り戻すことができるのです。まずは、取引をしていた消費者金融から取引履歴を取り寄せます。電話一本で依頼でき無料です。取引履歴を取り寄せたら法定金利以下に引き直し再計算します。そして、不当利得返還請求書というタイトルで文書を作成します。文書内容は、みなし弁済が認められない根拠、計算した過払い金の額、いつまでに返還して欲しいか支払期日、振込先、連絡先を記載して送付します。あとは連絡がくるのを待つだけですが、過払い金額で折り合いがつかない場合などは訴訟へと移行することになります。